美しく繊細に編み上げられたロイドルームの家具

1917年、ひとりのアメリカ人が画期的な家具製造システムを考案しました。彼の名はマーシャル・B・ロイド。彼は伝統的な藤家具の製法に改良を重ねて「紙とワイヤー」を使った斬新で、 美しい家具<ロイドルーム>を完成させました。

この画期的な製法は、伝統的な枝編み細工と違い、フレームとファブリックを別々に作ることができるためにバラエティ豊かなデザインを次々と生み出すことを可能にしました。

新時代の家具として不動の地位を手に入れたロイド ルーム

1922年、英国 W・Lusty&Sons社のウィリアム・ラスティは、いちはやくロイドルー ムの製造ライセンスを取得。ヨーロッパでのロイドルームの第一歩を踏みだすことになりました。

W・Lusty&Sons社は、アメリカが生んだ革新的な技術と、英国の伝統が育てたエレガ ントで気品あるデザインとを融合させた独自のロイドルームをつくることに取り組みました。

時代を越えて受け継がれる世界のロイドルーム

ガーデンファニチャーとして使われていた<ロイドルーム>は次第にインテリアとして認められ、人々の憧れを集めたウィンブルドンのロイヤルシー トや豪華客船、飛行船で使われるまでになりました。

伝統の美しいエッセンスを、現代へ、未来へ・・・・・。
時代と国を超えて、語り継がれる<ロイドルーム>
その魅力をいま、日本の空間へお届けします。